名古屋にある北区の伝説などについて、詳しく解説するサイト『名古屋市北区の言い伝え』
名古屋にある北区の伝説などについて、詳しく解説するサイト『名古屋市北区の言い伝え』


北区は文字通り名古屋市の北側を占める位置にあり、西区と守山区に挟まれています。
名古屋市が誕生した1889年には名古屋市には含まれていませんでした。
最初に名古屋市へと編入されたのは金城村とそこから大曽根にかけての一帯にあった杉村、
清水町、六郷村で、1944年に13区制が施工されて北区が誕生しました。
また北区には神社や言い伝え、恋の伝説も多く残っています。
このサイトではそれらの話にまつわる史跡や歴史などを書き綴っています。
興味のある方はお読みになり、そして北区を散歩してみてはいかがでしょうか。

名古屋市北区の看板屋
看板の企画デザインから製作・施工、リフォーム・修理までお気軽にお問い合わせください。
株式会社サインスター 〒462-0844 名古屋市北区清水2-10-21
営業時間 平日9時00分〜18時00分

尼ヶ坂・坊ヶ坂

尼ヶ坂駅のそばには尼ヶ坂と坊ヶ坂という坂があります。今でこそ尼ヶ坂は車も通る大きな道路となっていますが、かつては杉の木が覆い茂るような寂しい坂でした。

神明社・八幡社

同じ敷地内に複数の神社が同居している所はありますが、同じ本殿に2つの神社というのはあまり聞いたことがないでしょう。

深島神社

深島神社のあたりはかつて柳が多く茂った野原で、名古屋城が築城される以前は沼や沢のある野原に柳が多く茂っていたことから柳原と名づけられたそうです。

綿神社

この志賀の街は2000年以上も前に弥生人が住み着いたと言われており、その説が正しいとすると綿神社も2000年以上の歴史があると言えます。

坂の由来

文化年間の頃、このあたりに住んでいた美しい女性が青年武士と恋仲になり男の子を身篭りましたが、身分の相違から無理やり別れさせられました。

解脱寺

白林禅寺は犬山城主成瀬家の菩提所だったのですが、二代目正虎の頃不祥事を起こした家臣が白林禅寺に救いを求めて駆け込みました。